日本一の大杉玉「玲瓏」

杉の葉は、一年中緑を保ち殺菌作用がある事などから、昔から造り酒屋では、杉を便利に使ってきました。酒を貯蔵する樽や桶は、杉の持つ成分と香りが酒造りに適していたからです。
杉玉とは杉の葉を束ねて、球状に刈り込んで作る杉の玉で、これを門前に掲げ、新酒ができたことを知らせ、酒蔵・酒場の看板とします。
昔から新酒のできる晩秋に行われてきた酒蔵の行事です。
しかし、もともとはお酒の神様に今年もよい酒ができましたという感謝の気持ちを表すものとして三輪の神杉という言葉がありますが、これは大和の大神(おおみわ)神社のご神体が三輪山そのもので、この山の杉自体に神のたましいが籠もることをいいます。
「玲瓏」には「玉が透き通るように美しいさま」また、「玉のように輝くさま」という意味があります。
「大杉玉 玲瓏」はその言葉に相応しいように、社員ならびに地域の人たちと一緒に力を合わせて制作いたしました。
いついつまでも、地域の宝として大切に引き継がれることを祈念いたします。
                        蔵元敬白

「大杉玉玲瓏」が出来るまで





お酒は20歳になってから。
未成年者への酒類販売はいたしておりません。
飲酒運転は法律で禁止されております。
妊娠中・授乳期の飲酒は医師に相談して下さい。

村重酒造株式会社  〒741-0083 山口県岩国市御庄5丁目101-1   TEL(0827)46-1111  FAX(0827)46-1117
Copyright(C)2009 Murashige Sake Brewery co.,ltd  All Rights Reserved.     Supporting by Crouton Co., Ltd.